キッチンカウンターを自分の背に合わせて一番低いタイプにしたことを後悔。

キッチンを使う頻度の高い私に合わせて、高さが3パターン選べる中で一番低い高さにしました。

展示場でも体験して、カボチャとか硬いもの切ったり、ハンバーグやパンをこねたりするときにいいよねってことで即決、実際使ってみても切りやすいし、洗い物も洗いやすいので満足してました。

しかし、1年住んでみてわかったことは、私以外の人には使いにくいキッチンだということです。

遊びに来る人みんなに、低いねと言われ、背の高い人にはかなり使いにくい印象。

特に、たまに洗い物とかしてくれる旦那は足を横に広げながらしてくれてるので申し訳ないです。

あとは子どもがすぐカウンターに手が届いてしまうので、ハサミや包丁を手前に置いておくと取られたり、フライパンなども触れる位置なので危ないと思うこともあります。

おそらく成長した時はわたしより背が高くなるだろうから、将来みんな使いにくくなるんだろうなぁと思います。

5センチや10センチ高くても使い勝手はあまり変わらなかったんじゃないかなと思います。

注文住宅だから自分に合わせてカスタマイズできるというのが嬉しくて、他の人のことや将来的なことを見据えれなかったのが後悔してます。

せめて標準の真ん中のサイズにしておけばよかったなー。

おすすめ⇒神奈川区 新築一戸建て